モデルケース│あいわ総合司法書士事務所

モデルケース

任意整理、残債務分割払い

 Aさんはパート(月収入約7万円)をしている主婦の方です。生活費の遣り繰りが付かず、夫に内緒で消費者金融などの合計200万円の債務がありました。月の支払い額は67,000円とパート収入とほぼ同じ金額でした。

毎月返済をしていたものの、大半が利息で、また借入できる金額を毎月、生活費のために引き出していたため、限度額いっぱいの状態でした。

 消費者金融から借入限度額を増やせると連絡が来ると、増額していたため、どの会社も当初借り入れた金額よりも債務が増えていました。

 「このままではもっとたくさんの借金を抱えることになるのでは。」「返済できなくなったら夫に知られてしまう。」と不安に感じていたときに、任意整理について知りました。そこで司法書士に依頼をし、債権調査をし、パート収入の半分くらいでの返済計画を立て、下記のように和解をいたしました。

横にスクロールしてご覧ください。

  • 借入先
  • 借入金額(月々の返済額)
  • 借入期間
  • 引き直し債務額(和解後の月の返済額×総回数)
クレジットA社(約定利率29%) 30万円(12,000円) 約2年
  • 24万円
  • (5,000円×48回)
消費者金融B社(約定利率18%) 50万円(12,000円) 2年半
  • 50万円
  • (10,500円×47回、6,500×1回)
消費者金融C社(約定利率29%) 70万円(28,000円) 5年半
  • 31万円
  • (8,600円×35回、9,000×1回)
消費者金融D社(約定利率27%) 50万円(15,000円) 4年半
  • 18万円
  • (5,000円×36回)
合計 200万円(67,000円)
  • 123万円
  • (29,100円)

任意整理、過払い金有り、残債務一括払い

 Bさんは正社員で仕事をしているものの月給が12万円で、生活は楽ではありません。

そのため生活費の補填分として消費者金融を利用し始め、気がつくと合計250万円の債務がありました。月の支払い額は74,000円で生活費の大半を占めていました。そのためボーナスも使いながら、毎月返済をしていたものの、大半が利息で、借入できる金額をほぼ毎月、引き出していたため、限度額いっぱいの状態でした。

 また消費者金融から借入限度額を増やせると連絡が来ると、増額していたため、どの会社も当初借り入れた金額よりも債務が増えていました。

友人と遊びに出かけることも、おしゃれもままならない生活に疲れたBさんは、司法書士に依頼をしました。

 そして債権調査してもらったところ、過払い金が発生していたため、回収しました。その回収金を使い、残っ てしまった債務の返済と司法書士の報酬の支払いを行いました。

横にスクロールしてご覧ください。

  • 借入先
  • 借入金額(月々の返済額)
  • 借入期間
  • 引き直し債務額(和解後の月の返済額×総回数)
消費者金融A社(約定利率27%) 100万円(30,000円) 約10年
  • -42万円
消費者金融B社(約定利率27%) 90万円(30,000円) 約11年
  • -53万円
消費者金融C社(約定利率22%) 50万円(10,000円) 6年半
  • 26万円
  • (260,000円×1回)
消費者金融D社(約定利率27%) 10万円(4,000円) 約半年
  • 9万円
  • (5,000円×36回)
合計 250万円(74,000円)
  • -60万円

任意整理、完済あり、過払い金あり、残債務一括払い

 Cさんは勤め先の業績がよくなくて、給与が下がってしまい、最近返済が苦しくなっていました。子供の教育費や住宅ローンの返済の補填のために借り入れた債務が210万円あり、月の支払い額は86,000円にもなっていました。そのためボーナスも使いながら、毎月返済をしていたものの、給与が下がり、生活自体が大変になっていたため、毎月返済しては借り入れを繰り返していました。

 また消費者金融から借入限度額を増やせると連絡が来ると、増額していたため、どの会社も当初借り入れた金額よりも債務が増えていました。

 このまま給与が下がり、子供の教育費が増えていけば、やがて支払いが困難になってしまうと考え、司法書士に依頼をしました。その際、3年ほど前に完済した債務があること、利息が高かったことを話しました。完済した債務でも10年以上経っていなければ請求できる過払金があるかもしれないと司法書士から教えられ、調べてくれるように依頼しました。そして調査してもらったところ、過払い金が発生していたため、回収しました。その回収金を使い、残ってしまった債務の返済と司法書士の報酬の支払いを行いました。

横にスクロールしてご覧ください。

  • 借入先
  • 借入金額(月々の返済額)
  • 借入期間
  • 引き直し債務額(和解後の月の返済額×総回数)
消費者金融A社(約定利率27%) 70万円(30,000円) 約6年
  • 18万円
  • (180,000円×1回)
消費者金融B社(約定利率27%) 80万円(26,000円) 5年半
  • 44万円
  • (440,000×1回)
クレジットC社(約定利率29%) 10万円(5,000円) 1年半
  • 5万円
  • (50,000×1回)
クレジットD社(約定利率25%) 50万円(25,000円) 約71年
  • -15万円
消費者金融E社(約定利率24%) 160万円(0円) 約9年
  • -110万円
合計 210万円(86,000円)
  • -58万円

個人再生

 Dさんは、ふとしたことからギャンブルに嵌るようになってしまいました。そのため、クレジット会社から借入をしてしまいました。気がつくと到底Dさん一人の力で返済することができない金額になっていました。妻に債務のことを打ち明け、毎月返済をしていたものの、住宅ローンの返済もあり、返済を続けるには借入をしなければ出来ない状態でした。そのため、次々と借入先を増やしてしまいました。

 このまま借入先が増えれば、住宅を手放さなければならなくなり、子供たちにも迷惑を掛けてしまうと考えました。そこで司法書士を依頼しました。当初は任意整理での返済を考えていましたが、調査してもらった結果、債務が多額に残ってしまいました。

幸いDさんは、現在の勤務先に長く勤めていて収入が安定していました。そこで司法書士が書類作成人となって、Dさんを申立人とした個人再生の申立をしました。

 その後、再生申立が認められ、3年間で100万円を返済することで、住宅ローン以外の債務の返済を終了できるようになりました。

横にスクロールしてご覧ください。

  • 借入先
  • 借入金額(月々の返済額)
  • 借入期間
  • 引き直し債務額(和解後の月の返済額×総回数)
消費者金融A社(約定利率27%) 15万円(5,000円) 約半年
  • 14万円
消費者金融B社(約定利率27%) 50万円(15,000円) 1年半
  • 44万円
クレジットC社(約定利率24%) 130万円(70,000円) 5年半
  • 115万円
クレジットD社(約定利率26%) 55万円(30,000円) 約2年
  • 43万円
クレジットE社(約定利率18%) 63万円(20,000円) 約5年
  • 63万円
クレジットF社(約定利率25%) 40万円(20,000円) 4年半
  • 18万円
銀行G社(約定利率18%) 50万円(20,000円) 4年
  • 50万円
合計 403万円(180,000円)
  • 347万円

過払い金請求、約定残債務あり

 Eさんは失業したことをきっかけにクレジットでのキャッシングを始めてしまいました。その後、再就職したものの、以前の給与に比べ激減してしまい、借入を繰り消してしまいました。何とか返済を続けてきたものの、債務は膨らみ続け合計300万円の債務がありました。月の支払い額は106,000円で生活費の大半を占めていました。そのため妻もパートに出て、返済していました。しかし支払っても支払っても大半が利息で、元本はほとんど減りませんでした。

 また消費者金融から借入限度額を増やせると連絡が来ると、増額していたため、当初借り入れた金額よりも債務が増えていました。

定年が近くなり、定年後の生活設計を考え始めたEさんは、債務の問題を処理して出直したいと考えるようになりました。そこで司法書士に依頼をし、債権調査してもらったところ、全ての借入先が支払いすぎになっていました。結果、債務の支払いも無くなり、回収金で司法書士の報酬も支払い、戻ったお金を今後の生活に役立てることにしました。

横にスクロールしてご覧ください。

  • 借入先
  • 借入金額(月々の返済額)
  • 借入期間
  • 引き直し債務額(和解後の月の返済額×総回数)
消費者金融A社(約定利率27%) 100万円(31,000円) 約9年
  • -40万円
消費者金融B社(約定利率27%) 100万円(30,000円) 約12年半
  • -58万円
クレジットC社(約定利率26%) 50万円(25,000円) 9年
  • -18万円
クレジットD社(約定利率27%) 50万円(20000円) 12年
  • -51万円
合計 300万円(106,000円)
  • -167万円

過払い金請求、完済

 Fさんは若い頃に生活費を借りる目的で消費者金融からの借入を始めました。その後、何年かは借入を繰り返していましたが、少しずつ返済を続け、1社ずつ完済してきました。

最近になって、友人から消費者金融で払いすぎたお金が戻ってくることがあると聞き、自分の場合は払いすぎたお金があるのだろうか?完済していても調べることが出来るのだろうか?と気になり始めました。再度、友人に確認すると「どこかに相談してみたら。」と勧められました。

 そこで司法書士に相談したところ、完済してから10年は経っていないので過払い金を返してもらう権利は残っているだろうとの回答でした。そのため債権調査してもらったところ、全ての借入先がやはり支払い過ぎになっていました。回収してもらったお金で司法書士の報酬も支払い、戻ったお金を今後の生活に役立てることにしました。

横にスクロールしてご覧ください。

  • 借入先
  • 借入金額(月々の返済額)
  • 借入期間
  • 引き直し債務額(和解後の月の返済額×総回数)
消費者金融A社(約定利率27%) 0円(限度額40万円)(0円) 約6年
  • -27万円
消費者金融B社(約定利率29%) 0円(限度額50万円)(0円) 約6年半
  • -48万円
消費者金融C社(約定利率27%) 0円(限度額150万円)(0円) 8年
  • -70万円
消費者金融D社(約定利率27%) 0円(限度額150万円)(0円) 約5年
  • -44万円
合計 0万円(0円)
  • -189万円